直面している問題

採用担当者はこれまで、採用サイトからの多数の応募に対して大量の面接の手配、候補者一人ひとりに費やす面接時間などに多くの時間を費やしています。ときに採用担当者は面接の最初の5分間で候補者が適切でないことに気づくことがありますが、マナーを考えると面接をすぐにやめることはできません。
一方、面接の面接プロセスは、面接官が最善を尽くしていないという理由だけで、何千もの履歴書やCVで多くの資格のある候補者を見逃す可能性があります。
MiaHireは、最初の面接にエンドツーエンドのデジタル代替ソリューションを提供します。

解決策

プロジェクトの概要

Miahireの採用担当者は、面接の質問を事前に定義できるため、候補者は自分の時間に一連の質問にビデオで回答します。 評価者は候補者のビデオ回答にアクセスし、標準化されたフォームを使用して評価します。

チャレンジ

アプリケーションは非常に軽量で、アクセスしやすいものでなければなりません。 ビデオ面接に慣れていない採用担当者や候補者は、新しい面接方法を試すことに抵抗があります。 使いやすさとビデオ処理速度につながるシンプルなUXは、このアプリケーションの重要な要件です。

結果

当社の開発者は、採用担当者が最初のスクリーニングを完全にオンラインで実施するためのプラットフォームを作成しました。 採用担当者は、IDカードによる本人確認や顔認識など、場所や時間に関係なく、ビデオ面接による質の高い人事評価を行うことができます。 Miahireユーザーの中には、大規模な採用に費やす時間と労力の85%を削減できたという印象的な結果を上がっています。

主な機能

インタビュー設定と管理

採用担当者は、候補者をビデオ面接に招待、面接ビデオを評価、ステータス管理、評価結果で共同作業したりすることができます。 インタビューで使用される質問は、高度にカスタマイズ可能であり、さまざまな質問のセットに簡単に作成して、多くのインタビューのバリエーションを提供します。
質問は、テキスト、画像、またはビデオで、各質問の準備時間と回答時間を編集できます。

評価方法

評価者は候補者の回答のビデオを見て、事前設定されたフォームを使用して評価します。 評価フォームは、各社の採用基準に基づいて高度にカスタマイズ可能です。 候補者は、ポジションと面接のステータスでフィルタリングできるため、より公平で正確な評価のために候補者を比較できます。 ビデオ面接の最も良い点は、いつでも応募者を確認し、最終決定を下す前に必要なだけ検討できることです。

いつでもどこでもオンライン面接

候補者は自分のデバイスを使用して面接に参加できます。アプリケーションはWebブラウザとネイティブモバイルアプリケーションで利用できます。 候補者は、いつでも、どこでも、オンデマンドで面接に参加することもできます。 面接時間を調整するためだけに、電話をかけたりすることは必要ありません。

テクニカルスタック

  • モバイル&ウェブクライアントアーキテクチャー

    • FLUTTER
    • REACTJS
    • TYPESCRIPT
  • サーバーアーキテクチャー

    • POSTGRESQL
    • FIREBASE
    • NODEJS

その他のプロダクト